top of page

【マーケター向け】キャンペーンメンバーの状況について解説



はじめに

Salesforce のキャンペーンメンバーは、その人がキャンペーンに関与したレベルを管理する項目の「状況」があります。例えば、「送信済み」、「返信済み」など、キャンペーンに合わせて追加することができます。


キャンペーンメンバーは Salesforce のオブジェクトです。リード、取引先責任者、または個人取引先がキャンペーンに追加されると、それらはキャンペーンメンバーとしてレコードが作られます。


基本的に、キャンペーンとリード/取引先責任者/個人取引先の間に直接のデータ関係はありませんが、キャンペーンメンバーオブジェクトがその中間データとして活躍し、1 対多のデー​​タ関係を可能にしています。そして、キャンペーンメンバーの状況を適切に活用すると、データをきれいな状態に保つことができます。


この記事では、キャンペーンメンバーの状況を設定する方法について、ご紹介していきます。



キャンペーン活用ができるSalesforceのプロフェッショナル派遣資料はこちら→https://bit.ly/3C3OsEi



1. キャンペーンメンバーの状況について計画を立てる


リード/取引先責任者/個人取引先は、1つのキャンペーンで 1 レコードでのみ管理されます。つまり特定のキャンペーンについて、1つのみキャンペーンメンバーの状況を持つことができます。


「キャンペーンメンバーの状況」項目は、メンバーごとに 1 つ選べる選択リスト項目をイメージすると理解しやすいでしょう。



キャンペーンの状況についてプランを立てる際には、この関係を考慮することが重要です。キャンペーンメンバーの状況は、リードや取引先責任者がキャンペーンに参加し、行動を起こす度に変化していくからです。


メールマガジンの例:未送信→送信→開封→クリック

セミナーの例:(招待)→セミナー申し込み→来場orキャンセル

など



2. キャンペーンへ状況の関連リストを追加する


Salesforceのキャンペーンは、それぞれ独自のキャンペーンメンバーの状況を持つことができます。同じメンバーの状況を使用することもあります。似たような状況を増やすことを防ぐために、過去のキャンペーンでどのような状況を管理していたか、確認しておきましょう。



次に「キャンペーンメンバーの状況」関連リストを画面上に配置していきます。通常、キャンペーンの「関連」タブに配置されています。


「キャンペーンメンバーの状況」関連リストが見当たらない場合は、Salesforce 管理者がリストをページレイアウトに追加する必要があります。



キャンペーンメンバーの状況を関連リストとして追加します。


1. [設定] → [オブジェクト マネージャー] に移動します。 「キャンペーン」を検索または検索 → サイドバーで「ページレイアウト」を検索 → クリックして「キャンペーンレイアウト」を編集します。



2.リストを下にスクロールして「関連リスト」を見つけます。 「キャンペーンメンバーの状況」関連リストをページにドラッグします。




3. キャンペーンメンバーの状況の作成


Salesforceでは、デフォルトでキャンペーンメンバーの状況が 2 つあります。


  • 送信済み

  • レスポンスあり


これらを使用しても構いませんし、キャンペーンのニーズに合わせて追加のものを作成したりできます。

既存の状況を修正することもできます。キャンペーンメンバー関連リストの▼ボタンから [編集]リンクをクリックします。




Salesforce でキャンペーンメンバーの状況を新規作成する方法

下の画像で強調表示されている [新規]ボタンをクリックします




4.状況で重要なものは「レスポンスあり」としてマーク


キャンペーンメンバーの状況の関連リストを見ると、「来場」という列があります。 「来場」の状況は、見込み客がキャンペーンに対してリアクションがあったということで、重要な意味を持ちます。ウェビナーに「セミナー申し込み」したよりも「来場」したほうが価値あるリアクションですよね。


どの状況でも「レスポンスあり」に設定できますが、特に重要なアクションには「レスポンスあり」のチェックを入れておきましょう。メンバーが「レスポンスあり」状況を多く残したキャンペーンは、質の高いリアクションがたくさんあったという意味なので、よいキャンペーンだったと評価できます。




キャンペーン活用ができるSalesforceのプロフェッショナル派遣資料はこちら→https://bit.ly/3C3OsEi


4.キャンペーンのコピーをするTips


マーケティング部でよくある運用として、既存のキャンペーンを複製して新しいキャンペーンを作成することがあります。こういう場合、新しいキャンペーンのキャンペーンメンバーの状況も、元のキャンペーンと同じものが選べるようにしたいですよね。


キャンペーンの複製方法は2つあります。

  • コピー:新しいキャンペーンはデフォルトの状況(送信済み、レスポンスあり)をコピーします。

  • 関連情報とともにコピー:新しいキャンペーンは、元のキャンペーンが持つキャンペーンメンバーの状況ごとコピーします。


※関連情報とともにコピーのボタンは、ページレイアウトに追加する必要があります。




[関連情報とともにコピー]ボタンを使用して状況をコピーすると生産性が向上しますが、その他の情報をコピーしたままで修正し忘れてしまうリスクが存在します。そのため、チームの全員がコピーできるように、あらかじめ状況をセットしたテンプレートキャンペーンを作っておくとよいでしょう。



5. キャンペーンメンバーの状況を文書化する


文書化は誰もが好むタスクではありませんが、チーム内でキャンペーンメンバーの状況を統一する場合は必要です。作成したテンプレート(キャンペーンメンバーの状況がセットされたもの)をシェアすると良いでしょう。


チームでキャンペーンを使用する場合、テンプレート化やガイドでルールを決めておくのは重要です。


ユーザーはキャンペーンメンバーの状況をフリーテキストで登録できます。そのため、あまり自由にしてしまうと、レポートで混乱が生じてしまい、結果として一貫性が失われてしまいます。理想的にはキャンペーンの種類ごとに、キャンペーンメンバーの状況を合意しておきましょう。




6. キャンペーンメンバーの状況をレポートでチェック


Salesforce レポートには、キャンペーンに関するレポートタイプが複数準備されています。


  • キャンペーンメンバーが関連するキャンペーン

  • リードが関連するキャンペーン

  • 取引先責任者が関連するキャンペーン

  • リードと取引開始済みリード情報が関連するキャンペーン

など




レポートビルダーで、「メンバーの状況」項目を追加して、キャンペーンにおけるメンバーとその状況の内訳を精査しましょう。簡単にキャンペーンでデータをどこまで細分化されているかを確認することができます。



まとめ

Salesforce のすべてのキャンペーンメンバーには、そのキャンペーンに対する個人のリアクションレベルを表す「状況」があります。


適切に値をプランし、「レスポンスあり」の状況がどのように機能するかを理解し、正しい値が 1 つのキャンペーンから次のキャンペーン (コピー作成時) に確実に引き継がれるようにすることで、将来的に大きな問題を回避できます。


弊社のスタッフは、Salesforceのコンサルタント資格を持ち、キャンペーンの活用方法についてトレーニングを受けています。Salesforce活用に課題を抱えている方は、ぜひお問い合わせください。


キャンペーン活用ができるSalesforceのプロフェッショナル派遣資料はこちら→https://bit.ly/3C3OsEi


Comments


bottom of page